こっそり無人契約機での本人確認などの手続きについて。

12 10月

キャッシングは、クレジットカードの「クレジット」が「信用」と訳されるように、個人の信用に基づいてお金を借りることができるシステムです。貸してくれるところは、消費者金融・銀行・信用金庫・労働金庫・カード会社と様々ありますが、それらは全て信用情報の登録機関でつながっており、お金を貸し付けている個人の情報を管理しています。

まれに独自の審査基準を設けているところもあるようですが、これは極々少数の限られた話です。消費者金融の無人契約機で融資の相談をした場合に、どのような手続きを踏むかということを簡単に解説しますと、まず本人確認書類(自動車免許証など)で本人確認を行います。その際、勤めている会社へ電話での在籍確認、自宅に固定電話がある場合には、自宅に住んでいるかどうかの確認があります。そういうと会社や家にバレてしまわないか不安になるかもしれませんが、それは大丈夫です。

金融業者はそれを名乗らずに、例えば「山田ですが、田中太郎さんはご在宅でしょうか・・・?」のように個人名で電話をしてくれるからです。それから年収や勤続年数などの情報を伝えて、あとは数分から数十分待てば、融資の可否を応えてくれます。たいてい、それなりの規模の会社に1年も勤めていれば、融資を受けられることが普通です。