総量規制対象外とはどういうことか

3 4月

総量規制というのがキャッシングにおいては課せられることがあります。これは貸金業法に関するものであり、つまりは貸金業者に、ということになります。ですから、貸金業者以外であれば総量規制対象外ということになります。

総量規制対象外となるのが銀行です。そのため、銀行系のカードローンなどは総量規制に引っかかることがないとなるわけです。しかし、概ね、銀行系というのは貸金業者よりも審査のハードルが高く、信用に関する評価も難しいことになりますから、総量規制の基準である年収の三分の一を超えて貸してくれるわけではないのでその点は注意しましょう。

しかし、規制は銀行では適用されることはない、というのは覚えておく価値があるでしょう。