実はしっかり見ている利用目的や申し込み態度!不審な時は審査落ち!

15 3月

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、事業性資金や投資目的でなければ原則として目的は自由になっています。しかし、自由だからといって安心できるものではありません。利用目的に不審な点があれば、確認が行われ受け答えが出来るか確認しています。

また、窓口や無人契約機での契約なら待ち時間の態度もチェックされています。最近では、貸金業者が審査の段階で不審思われる申し込みをチェックした結果、詐欺事件を防いだなど事例も発生しています。申し込みや審査の際は、先ず不審思われないようにすることが重要であり、審査落ちを防ぐ要素となっています。

また、利用目的がハッキリしていない場合、受け答えも曖昧になるため、先ずは目的を明確にしてから申し込みするのがポイントになります。